草木染のアトリエ YARN

編んだり 染めたり 耕したり

あんずを染める

P1283633


お庭に大きなあんずの木をお持ちのお料理の先生からあんずの枝が届きました。

早速染めてみました。

P1283635

あんずは3日くらい煮出します。
枝を使う染色はやはり長時間煮出したほうが良い色が得られます。


P1313642

3日目の染液です。
このくらいの濃さになったら染めます。


P2093675

銅媒染でピンクがかったベージュの色が得られます。
左からモヘア糸、並太糸、シルクモヘア糸です。
どの糸も素敵な色です。

春らしい色に染まりました。




冬の畑

今シーズンの展示会が終わりました。
毛糸などはホームページのショップ欄に記載されている店舗でご購入いただけます。

次回の展示は4月下旬に開催される日本ホビーショーです。
例年と同じく代官山クラッセのブースで展示販売いたします。
引き続き宜しくお願いいたします。

P1313657

展示会が終わって久しぶりの畑仕事です。




P1313643

梅が満開でした。
桜はまだかまだかと開花を待ちますが、梅は気付いた時には咲いてますね。







P1313649

近くで見るとかわいい花です。




P1313652

蝋梅はきれいなグリーンの色が得られるので、いつも切られていて、なかなか花芽がつかないのですが、今年は咲きました。




P1313655 (1)

ジューンベリーも芽吹いてきています。




P1313656

水仙も雪で倒れていますが、頑張って咲いていました。



畑に来ると春はそこまできていることを実感しますが、まだまだ寒い日が続きそうですね。

ボタンを染める

IMG_3446

「編むこと 組むこと」展にはたくさんの方においでいただきありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。
「網代模様のミテーヌ」のワークショップも毎回楽しく皆様方と編むことができました。
やはり編物は楽しい!と実感いたしました。





P1043539

今回の展示で初めて見ていただいた草木染のボタンです。
カゼインボタンという牛乳から作られているボタンを染めました。
草木の色素はたんぱく質につくのでカゼインボタンは草木染ができるのです。




P1133611

草木染の糸で編んだジャケットなどにお使いください。とても良い光沢です。




IMG_3424

今回はこのボタンをボタンアーティストの西中めぐみさんにブローチを組んでいただきました。
帽子の縁飾りに使うとなかなか可愛いアクセントになります。




P1133605

このボタンは藍染です。



P1133599

藍を栽培している方からドライの葉いただきました。




P1133601

その藍を建てて染めてみました。




P1063564

草木染のボタンは毛糸などを染めるやり方と同じです。
染料の中にボタンを入れて加熱しながら染めていきます。
そのあとは媒染液に入れて撹拌しながら希望の色目になったら引き上げます。


ボタンはまだ在庫がございますので、4月下旬のホビーショーの会場で展示いたします。




1年間ありがとうございました

PC281086

1年間自然のめぐみに支えられてたくさんの草木染の毛糸を染めることが出来ました。



PC273514

今年は暖冬のせいかイチゴが赤く実っていました。
枯葉の間から顔を出しているのですが、早い春なのか、遅い冬なのか戸惑ってしまいます。




PC273521

キャットミントもまだ花が咲いています。



PC273518

ディルも1株元気でまだお料理に使えそうです。



PC273522

スペアミントも元々寒さには強いですが青々しています。



暖かくて過ごしやすいですが、自然環境が徐々に変わってきていることを心配とともに実感いたします。



PC273527

畑をお借りしている地主さんのお宅の門松です。
手作りの門松だそうで、縄の梅があしらわれていて松竹梅が揃っているデザインだそうです。

1年間草木染の糸を使っていただいた皆様、展示会に足を運んでくださった皆様ありがとうございました。
来年も草木染ができる平和な日々であることを願っています。





1月の展示会「編むこと 組むこと」展

IMG_3368


中止になりましたパリ展の東京展「編物による日本の文様」には急な開催にもかかわらずたくさんの方に見ていただき大変励みになりました。
ありがとうございました。
この場を借りて御礼申しあげます。

amukumu


パリ展の帰国展として位置づけていました「編むこと 組むこと」展を1月に、先日と同じギャラリー南青山・ギャラリーパレットで行います。
草木染の毛糸に加え今回は草木染のボタンを展示いたします。
草木の色素は、たんぱく質につくので、牛乳からできているカゼインボタンは草木染で綺麗に染まります。
光沢もよく、草木染の毛糸にはとても映えます。
また今回はボタンアート作家の西中めぐみさんにボタンを使ったブローチなども作ってもらいました。
こちらも展示販売いたします。
寒い季節ですが皆様のおいでをお持ちしています。


IMG_3400


会期中は記念ワークショップも行います。

「網代模様のミテーヌ」
シルクモヘアを使いかぎ針編みで指なし手袋を編みます。
お好きな色の糸を選べます。

1月18日(月)
1月20日(水)
1月22日(金)ありがとうございます。満席になりました。
1月23日(土)

13:30〜15:30
参加費(材料費 税込)3500円
持ち物8号かぎ針
ご予約はinfo @atelier-yarn.comまでお願い致します。

「編むこと 組むこと」展
1月18日(月)〜1月23日(土)
11:00〜19:00(最終日は16:00まで)

ギャラリーパレット
〒107-0062
東京都南青山4-17-22
TEL/FAX03-3402-0234
http://www.gallery-palette.com

銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」A4出口徒歩8分
銀座線「外苑前」1a出口徒歩10分











展示会のお知らせ

1

11月のパリの出来事を受けて中止いたしましたパリ展「La vie de Nippon par les motifs」を、東京で開催いたします。
パリでの作品展も6回目を迎え、日本の草木染と日本の模様のハーモニーを表現したく取り組んだテーマです。
この機会にぜひ、日本の皆様にもご覧いただきたいと思います。

編物による日本の文様」展
12月11日(金)〜12月12日(土)
 AM11:00 〜PM7:00

ギャラリーパレット
東京都港区南青山4-17-22 TZビル TEL/FAX 03-3402-0234
http://www.gallery-palette.com
銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」A4出口から徒歩8分
銀座線「外苑前駅」1a出口から徒歩10分

パリ展中止のお知らせ

fr

1月19日から28日まで予定しておりましたパリ・ギャラリーTENDANCESでの個展は中止になりました。
13日に起こりましたテロの影響で開催を断念いたしました。
パリの編物愛好家のみなさんにお会いするのを楽しみにしておりましたので、とても残念な結果です。
また、皆様方とお会いできる機会を作りたいと思います。
パリが1日でも早く素敵な街に戻りますよう祈っています。
    
We are very sorry to announce that due to the serious situation in Paris our exhibition at Gallery Tendences have been cancelled.
It was very hard for us to make this decision as we were very looking forward to seeing knit lovers in Paris.
We are thinking of rescheduling another chance to show you our wool.
We hope Paris will get back to beautiful normal life soon.
         

     

パリ展のお知らせ

fr


今年で6回目を迎えるパリ展のご案内です。
今年のテーマは「日本の文様」です。
何気なく生活の中で見る日本の模様の中で馴染みのあるものをニットで表現しました。

La vie de Nippon par les motifs」展

11月19日(木)〜11月28日(土)
ギャラリーTENDANCES
8-12,rue Bertin Poiree 75001 PARIS
Tel: 01 44 76 06 06
www.tenri-paris.com
メトロ最寄駅 chatelet (シャトレー)
またはpont-neuf(ポンヌフ)
月 14:00〜19:00
火〜金 11:00〜13:00/14:00〜19:00
土 11:00〜13:00/14:00〜18:30
日 休廊

今年はこれを編みます。
PA143402


ワークショップ「網代模様のミテーヌ」
11月21日(土)28日(土)午後2:00〜4:00
レッスン代:25ユーロ(材料費込み)
詳しくはアトリエYARNまでお問い合わせください。

  - Couleur de Teinture Naturelle Japonaise -
  La vie de Nippon par les motifs
  
teintures - Atelier YARN -
      Yoshie Shichiji
  Exposition : du 19 au 28 novembre 2015

Il s’agit de ma 6eme exposition ici. Au depart, mon intention etait de faire connaitre les procedes tradition- nels de teinture naturelle japonaise, ainsi que les techniques contemporaines de filage au Japon.
Cette annee, je vais vous exposer des oeuvres tricotees selon des motifs japonais.
Durant l'atelier, vous apprendrez a tricoter des mitaines selon le motif "Ajiro".

Stage de tricot - Mitaines du motif Ajiro -
Dates : les 21 et 28 novembre, de 14h a 16h, Nombre de participants : 6 maximum tarifs : 25€, materiaux et ustensiles compris

Lundi de 14 h a 19 h , Du mardi au vendredi de 11 h a 19 h, Samedi de 11 h a 18h30 (Fermeture chaque jour de 13h a 14h)
Association Culturelle Franco-Japonaise de TENRI 8-12,rue Bertin Poiree, 75001 Paris France tendances@tenri-paris.com http://www.tenri-paris.com Tel (+33) 01 44 76 06 06


IMG_3341 (1)


まだまだ製作中です。
矢羽模様のカグールです。


鎌倉 成城 パリ 南青山と続きます

PA143424


草木染のシーズンも終わりに近づいてきました。
畑はコスモスが満開です。

PA143431

柿もたわわに実っています。

これからは染めた糸の展示会が始まります。

最初は鎌倉でのイベントです。

ウイークエンドハウス cottoの企画展
カルトナージュや人形制作のワークショップを始め沢山の手仕事の作品が展示されます。
アトリエYARNは草木染の糸で参加します。

10月16日(金)〜18日(日)
AM11:00〜PM5:00
場所 鎌倉市佐助1-14-16 KSテラス1号室
   鎌倉駅西口下車徒歩!0分
問い合わせ先 080-3029-6600



恒例の成城・ギャラリーTsudaでの展示は新しくシルク糸が加わります。
スキャン


「シルク糸と毛糸の草木染展」
10月29日(木)〜10月31日(土)
AM11:00〜PM6:00
小田急線成城学園前下車 徒歩1分
TEL03-3416-6261


PA143396

6回目となるパリ展も準備中です。

11月19日〜11月28日まで、ギャラリーTENDANCESで行います。
遠方ですが、ご案内いたします。


来年になりますが南青山・ギャラリーパレットで今シーズン最後の展示をいたします。
PA143415

草木染の糸に加わり草木染のボタンも展示いたします。

2016年1月18日(月)〜1月23日(土)の予定になっております。

どちらかの会場で皆様方にお会いできるのを楽しみにしております。










バラとコチニールとバターナッツ

P9073240


この夏に選定したバラの葉っぱが届きました。
素敵なバラのお庭を持っている方がいつも送ってくださるのですが、丹精込めて育てているバラの葉っぱなので元気でとても綺麗な葉っぱです。

P9243256

染め上がった色はシルバーグレーで、バラならではの品のいい色です。
右がシルク糸左がシルクモヘアです。
どちらも鉄媒染で染めています。


こちらはコチニールで染めた糸です。
P9243265

上段がシルクモヘアのアルミ媒染、下段がモヘア糸の銅媒染です。
コチニールは天然染料ですが草木染ではありません。
染料が虫なのです。

P9083247

コチニールはペルーやメキシコに育つウチワサボテンに着く虫です。
その虫を蒸して乾燥させた物が、食品の着色料として輸入されています。

P9083245

米粒大のコチニールを乳鉢ですりつぶします。

P9093250

すりつぶしたコチニールに熱湯と酢酸を加えて煮て染液を作ります。

P9093251

その中に毛糸を入れて染めていきます。
1時間ほど煮染めていきますが、私はその後に1日染液に入れておきます。
その方が良い色に染まる気がします。



今年初めてバターナッツの葉で染めてみました。
シルクモヘアの銅媒染です。
クリアなグリーンに染まりました。

P9243260


バターナッツは最近日本でも栽培されるようになったカボチャの一種です。
昨年食べたバターナッツの種を植えて育てました。

P8313233


実が着くと葉が枯れてきますので花が咲いた段階で抜いて染めます。


IMG_3278


バターナッツの実です。
カボチャより柔らかく調理しやすいですよ。
焼いたり、スープにしたり、サラダにしたりとても美味しいカボチャです。

そろそろフレシュな植物の草木染も終わりになってきました。
晩秋から冬にかけてはドライの植物で染めていきます。








Profile


4月編み物教室
久喜教室12日26日
大宮教室 9日
浦和教室 11日
荻窪教室 14日
5月の編物教室
久喜教室10日24日
大宮教室14日
浦和教室9日
荻窪教室12日












   

アトリエYARN
ホームページ
http://atelier-yarn.com



Archives
  • ライブドアブログ