草木染のアトリエ YARN

編んだり 染めたり 耕したり

新郎新婦が編み込まれています

295f38ae.JPGこちらも10数年前に厚子さんが編んだジャケット。とても大切に着ているのが判ります。
ベースはグレーの並太生成糸に草木染の糸で編み込んでいます。デザインはAnnabel Foxの「Russian Wedding」。

成城さくら染

17abbf02.jpg今年は2カ所でさくら染展をします。先日ご案内した鎌倉以外に編物教室している成城の津田ギャラリーで開催です。成城もさくらの名所です。
もちろん成城のさくらで染めます。よく場所によって色が違いますか?と質問されますが、場所よりも樹齢によって違いが出るように思います。草木染は新芽の方がパワーがあって良く染まりますが、さくらは老木の方が赤い色素を多く含んでいるように思います。残念な事にさくら染は年に1度しか染められず、枝を貰うのにも一苦労なのでなかなかデーターを取ることが出来ません。

北海道などはさくらは葉っぱが花より先に出てくるので、きっと染めると色も違うように思います。

  「桜染と器展」
 
  器  丹保 匡則
  桜染 七字良枝

  3月30日〜4月10日
  11:30〜19:00
   Gallery Tsuda
成城学園前駅下車 徒歩1分
  tel 03−3416−6261

クルミで染める

d8792120.JPG連日の桜の枝煮出し作業の為家中結露状態です。それに外が雨となると湿度は軽く80%を越えました。乾燥させるにはパンを焼くしか有りません。
妹の家のクルミの実を年末に貰っていたので、早速金槌で実を割りクルミを取り出しました。皮を見ると捨てるわけにもいかず、結局クルミまで煮出して結露は増すばかり。

でも綺麗な色に染め上がりました。クルミの皮150グラム、ストール2枚、媒染は鉄と銅です。
草木染の素材は身近に有ります。どうぞ皆さんも試してみてください。

クルミパン

5fac9e43.JPG出来上がったクルミパン。レーズンも入れてみました。

春の畑1

94ff548d.JPG1週間ぶりに畑に行ったらすっかり春の気配になっていました。今日の関東地方は雪でも降りそうな寒さですが、春は間違いなくそこまで来てますね。
冬は畑仕事は無いのですが染料に使った植物やら台所の生ゴミを畑に埋めて堆肥にするため時々ゴミを運びます。

畑には梅の木が2本有るのですが、小梅のなる方の梅の木が咲いていました。この木はケヤキの隣に有ったのですが、2年前の台風でケヤキが倒れてから急に大きくなり、去年から実を付け出しました。今年もやる気満々の梅の木です。

春の畑2

8b0a8880.JPG蕗の薹が整列していました。蕗になるまで待って染めます。

春の畑3 

14a86fa0.JPGチャイブも元気に芽を出していました。花壇の縁飾りにと思って植えたのですが、増え続けてチャイブの花壇に毎年なっています。植えてみたい方はご一報を。

さくら染スタート

094763eb.JPG先日葉山から送った枝で「葉山さくら染」のスタートです。例年なら3月に入ってからの枝を使うのですが、枝を貰う友人宅の建て替えのためこの季節に枝を切ることになりました。
桜は花が咲いてしまうと色素がみんな花に行ってしまいます。私は咲く前の枝から色素を抽出するのですが、そのタイミングが難しいのです。
今年はちょっと早いので良い色が出るか心配です。

今日で3日目

60f13671.JPG枝を煮始めて3日目です。だいぶ赤い色素が出てきたみたいです。朝から晩まで火を付けているので部屋の湿度は80%を越えました。家中が桜餅の香り、いや臭いと言った方が正しいかも。

17年間思い続けたセーター

ea53a401.JPGどうしても編みたいセーターが有ると言って本を持って入門してきた生徒さんがいます。17年前にイギリスに住んでいて、その時に買った本だそうです。最初に編むにはちょっと難しいデザインです。編み込み、地模様、透かし編みが盛り込まれています。色も本と同じと言う指定です。完成まで1年はかかるかしらと思っていたらなんと5ヵ月で完成です。やはり永いこと思い続けただけ有ってとてもお似合いです。
持っていらした本は「ROWAN]でした。私も「ROWAN]のデザインは大好きですので、私の糸で編んで貰えてとても嬉しいです。

糸は並太で、染めは化学染料です。
Profile

4月編物教室
浦和教室 12日
久喜教室 13日 27日
5月編物教室
大宮教室 8日
浦和教室 10日
久喜教室 11日 25日
















   

アトリエYARN
ホームページ
http://atelier-yarn.com



Archives
  • ライブドアブログ