草木染のアトリエ YARN

編んだり 染めたり 耕したり

2011年10月

パリ編物だよりニットカフェ2

no title

スタバのニットカフェは皆さん本当に楽しそうでした。
できあがったドレスを試着中。
モデルは恥ずかしがって顔をあげません。
前に座っているマダムの使っているかぎ針は日本製です。
使いやすいそうですよ。

パリ編物だより ニットカフェ1

パリ滞在1日めです。
パリ在住の編物に詳しい方から情報を頂きオペラ座まえのスターバックスでニットカフェをしているそうなので
行ってきました。
奥のスペースで沢山かたが編物をしていました。
年齢層もまちまちで、皆さんおしゃべりしながら好きなもの楽しく編んでいました
わからないところはメンバーのわかる方に聞けるので、とても楽しいと若い女性が言ってました。
男性も2名ほど参加です。
日本では見かけない光景ですね。
スターバックスの寛容さにもびっくりです。
まさにカフェ文化とはこのことかしら。

何人かの方が日本の編物の本を参考にしていました
日本の本は編み図が載っているので親切で、デザイン可愛いいので人気だそうですよ。

no title

ワークショップのお知らせ

IMGP0567


来週からパリでの個展が始まります。
始まる前に凱旋帰国展が決まりました。
六本木にあるパンの学校エコール ルヴァン ダンタンでの展示とワークショップです。
こちらのオーナーの石川芳美さんはパリに4店舗パン屋さんを展開しています。
パリ展のDMをお店において下さったり、パリで色々とサポートして下さっています。
ワークショップと言っても編物の後にパリでしか食べられない焼き立てパンでお食事もいたします。
昨年はすぐに満席になりましたのでご興味のある方は、早めに下記に申し込んでください。
エコール ルヴァン ダンタン

食べ物に気が行ってしまいましたが、レッスンは
「折り紙スヌード」を編みます。
今年の流行の輪になっているマフラーです。
大変なことがあった1年でした。
最後の月に楽しいひと時をお過ごしください。

パリ展のご案内

sakura041

毛糸が恋しくなる季節になりました。
昨年パリで開催した日本の草木染100色を展示した「野菜の色」展はたくさんの方に見ていただきました。
今年は去年の糸が布になる、シリーズのような展示を企画いたしました。
タイトルも「毛糸だまの魔法」と名づけました。
糸が布になる。
編物をするものにとっては当たり前ですが、始めて編物をする方にとっては感動的かと思います。
そんな魔法にかかったような楽しさのある展示を考えています。

日本に戻りましたら、12月に浦和、成城、六本木の各会場で展示とワークショップがあります。
こちらもよろしくお願いいたします。

「La Sorcellerie des Pelotes de Laine」
11月3日〜11月14日
ギャラリーTENDENCES
筺。娃院。苅粥。沓供。娃供。娃
8−2,rue Bertin Poiree 75001 Paris

詳しくはこちらをご覧ください。
Profile
アトリエYARN
ホームページ
http://atelier-yarn.com



Archives
  • ライブドアブログ