セーター加工

50年前に母が編んでくれたセーターの柄が時間がたつと新鮮に見えてきます。
着ていた子供時代には何とも思わなかったのですが。
そこで同じ柄で大人用を再現してみました。
色はインド茜のピンクとコチニールの紫です。
極太のスラブ糸なのでやわらかな色の混ざりあいになっています。
色や糸質によって同じ柄でも変化が出ます。

時が経っても素敵に見えるものを作りたいと、1年の終わりに自分に言い聞かせております。