koubou-k


世界の染め布などをコレクションしているフランソアさんがフランスから初めて日本にいらっしゃいました。
フランスの美術館で日本の藍染の紹介を企画しているそうで、2日間作家さんの工房をご案内しました。
実験的な板締めで知られる鈴木道夫さん、藍に金箔、銀箔を組み合わせる独特の作風の松永優さん、私の絞りの先生でもあるモダンなデザインをする福田明子さんを訪ねました。
フランソアさんの意向でもあるニュースタイルの藍の作品を作っている方々です。
もうひと方、ぜひ紹介したい友禅作家の長澤龍彩さんの工房にもお連れしました。
長澤さんはフランスの着物コンクールでも賞を頂いている方で、とてもモダンな着物を描くかたです。
また消滅してしまった貝合わせの復元も手掛けられています。

皆さん本当に質の高い作品をつくられていて、フランソアさんはとても感激してくださいました。