草木染のアトリエ YARN

編んだり 染めたり 耕したり

編んだり

真綿つむぎ

eed673a2.jpg
久米島式加工済み

久米島式真綿つむぎ台を使っての糸つむぎのワークショップに参加してきました。
横浜三渓園の鶴翔閣で行われている「日本の夏じたく」展での企画です。
この展示に参加している染織iwasakiさんと山下枝梨子さんが共同でレクチャーしてくれました。
直径60センチほどの丸い板に真綿を掛けて引いていくのですが、とても便利な道具です。丸い台が回転してくれるので、簡単に糸ができます。
撚りのないふんわりした糸に出来上がりました。
このつむぎ台は昔は久米島で使われていたそうですが、今はほとんど使われていないそうですよ。
それにしても三渓園が個人の建物だったとは思えないです。広さと素晴らしさに感心してしまいます。

あけましておめでとうございます

0309nenngaご挨拶が遅れましたが昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。
アトリエYARNは今年25周年を迎えます。染めの原点に戻って秋に「草木染100色展」を考えています。植物のパワーと癒しを感じていただける展示にしようと思ってます。

前回のブログで紹介したメキシコの編み器と同じ様なものが我が家にあることを、年末のかたずけで発見です。手前の赤い道具はドイツ製のゴム編み器です。子ども用のものだそうですが、使い方もメキシコのものと同じでした。

フラワーアートフェスティバル

横浜加工済み横浜シルク博物館での指編み講座のため久しぶりに横浜へ行ってきました。来年は横浜開港150周年に当たるのであちこちでプレイベントを催しています。シルク博物館に行く途中の日本大通りでは花びらで絵をかく花絵のじゅうたんが敷き詰められていましたよ。ここは明治時代に日本で初めて作られた西洋式街路だそうです。銀杏並木と広い歩道にはカフェテラスがあり確かに西洋の雰囲気がします。
仕事帰りに横浜開港資料館の「港町 百花繚乱展」と横浜人形の家の「テディベア」の特別展を見てきました。どちらも面白いですよ。

鎌倉展始ってます

鎌倉展加工済み「冬のおくりもの展」始まりました。秋に2人展をするのは初めてです。いらして下さった方には新鮮な組み合わせに写ったみたいで、皆さん楽しんでくださってます。 
今年は暖かで鎌倉の紅葉も色着き始めた程度のようですが、観光客はたくさん訪れています。

明日から鎌倉

葉書加工済み
春の「さくら展」で毎年ご一緒の陶芸家森屋純子さんと秋に初めて展示会をいたします。鎌倉は今とても混んでいるそうですが、紅葉を楽しんだ後どうぞお寄りください。お茶を入れてお待ちしています。

冬のおくりもの展
10月30日〜11月4日
10:00〜17:00(初日は12時から)
吉田画廊
鎌倉駅東口下車5分 鶴岡八幡宮手前 雪の下教会向い
鎌倉市小町2−12−33 2F
TEL0467ー24ー9626

いよいよです

五十嵐邸加工済み昨日から釧路に来ています。ちょっと寒いですね。明日から「草木染のニット展」始まります。今日は飾り付けをしてきました。
五十嵐邸のリンゴの木に実がたくさん成ってました。北国の雰囲気満点です。

会期中に2つの緊急企画が決まりました。ひとつはニットカフェを3日間行います。
もうひとつは五十嵐邸オーナーの石川さんによる建物の説明会があります。
どうぞどちらも気楽にご参加ください。

「草木染のニット展」
 10月17日(金)〜19日(日)
 10:00〜18:00
 二ットカフェは毎日行います。

 建物説明会
 10月19日 14:00〜15:00

釧路をフィンランドに

e5b3585f.jpgカルヤランピーラッカ加工済み最近の北欧ブームで北欧に関する本がたくさん出ています。フィンランドの写真を見るたびにふるさと釧路にそっくりと思います。釧路空港に行く途中に「かもめ食堂」もありましたし。山、川、湖、湿原、温泉、かもめ、とくればやっぱりフィンランドです。
ひそかに釧路フィンランド化計画を考えています。第一弾はフィンランドではポピュラーな家庭料理「カルヤラン ピーラッカ」を作ってみました。ミルク粥をライ麦の皮で包みオーブンで焼いたものです。お米を使っているのでとても馴染みの良い味になってます。フィンランドは寒いので昔ライ麦しかとれず、ライ麦を使う料理が多いそうです。ミルク、寒い、ライ麦とくればやっぱり釧路です。

17日からの作品展の準備で料理どころではないのですが、おいしくできたら会期中にいらした方に振舞おうかと思ったのですが、まだまだです。何せ本場の味を知りません。やっぱり埼玉のお菓子にしますね。

五十嵐邸の窓から

五十嵐邸窓加工済み釧路から戻りましたがまだまだ釧路情報です。作品展をする窓から眺める中庭です。窓の高さ、大きさなどとても落ち着くように設計されています。会期中も窓を開けておきたいくらいですが、10月の釧路は結構寒いのでちょっと無理かな。

釧路で作品展

正面玄関 ふるさと釧路で秋に作品展をいたします。会場となる場所は旧五十嵐邸で昭和24年に建てられ、最近修復され保存されている趣のある建物です。当時としては珍しく台所にシステムキッチンがついており、シンクの横には冷蔵庫が組込まれています。もちろん木製で氷で冷やすタイプです。
そのほかにも建物の中は工夫に満ち、美しい設計になっております。ぜひ作品展にいらして建物も楽しんでください。写真は旧五十嵐邸の玄関です。

作品展は10月17日〜19日を予定しています。

横浜シルク博物館

指編み加工済み昨日は真綿の指編み講座の2回目でシルク博物館に行ってきました。館内は熱心な小学生でいっぱいでした。子どもたちは学校で蚕を飼っているので、色々と教えてくれます。お礼に指編みを教える感じです。真綿を触りながら虫がきれいな糸を作り出すことに驚いていました。子どもじゃなくても驚きです。
写真右の紐は子供たちに人気だった指編みのコードです。

Profile


6月編物教室
8日 大宮教室
15日 浦和教室
10日 24日久喜教室











   

アトリエYARN
ホームページ
http://atelier-yarn.com



Archives
  • ライブドアブログ