草木染のアトリエ YARN

編んだり 染めたり 耕したり

ガーデニング

畑のなぜ?2

a98e7296.JPGなんともうフキノトウが出てきてました!春一番に芽を出すはずなのに蕗の葉も枯れないうちからです。

お気に入りの帽子

4149cc26.JPG帽子作家の長谷川陽子さんが帽子を送って来て下さいました。「SANS-TOI」というブランドで主に注文で帽子を作っている作家さんですが、13年前にお願いした私の帽子の型紙をまだお持ちだったみたいで使いすぎてしまった私の帽子を見るに見かねて新しいのを作ってくださいました。何せ採寸して作って頂いた物なので、自転車で走っても帽子は飛びませんし、洗濯機でがらがら洗っても型くずれしないという優れ物です。農作業用に作って貰ったので、かなり酷使しているのですが被りやすさからあっというまに13年が経ってしまいました。
長谷川さん曰く夏の帽子は布が日焼けするのでそう長く被る物ではないそうです。写真の後ろが古い帽子で前が新着の帽子です。どちらもジーンズの布を使っています。帽子って使い込むと愛着が涌く物ですね。

初夏の畑だより

7fc4f30b.JPGこの季節は暖かい日が続くと瞬く間に花が咲きます。畑に行くたびに畑の景色が変わっています。こぼれ種やら鳥や風が運んできた種から育った意外な植物に出会える季節でもあります。

ヒョウタンから楽器

8602fa5e.JPGヒョウタンで楽器を作りたい知人に頼まれ今年はヒョウタンを植えてみました。調べてみるとヒョウタン栽培は結構難しいらしいのです。棚の代わりにフェンスに這わせようと考えていますが、出来たヒョウタンがフェンスに風でぶつかると変形するとの経験者からの意見も有り、只今思案中です。ヒョウタンを乾燥させるのも難しいらしく本当に楽器まで辿り着けるのでしょうか。
Profile
アトリエYARN
ホームページ
http://atelier-yarn.com



Archives
  • ライブドアブログ